韓国妻と僕ひも男

初めまして!「韓国妻とひも男」のひも男です!(^_^)僕が妻と出会ったのは、今から4、5年前です。その後に6ヶ月付き合いプローポーズしました!そして、2018年ゴールデンウィーク中に両家に挨拶をしてきました!(ひも男も働いていますが、年収ベースで考えるとひもです。)

母と妻の帰化認識(それを聴いた僕の所感)

こんにちは😃
ひも男です!



さて、帰化について調べるほど、多面的な意味で考えさせられますが、自分の考えの整理を込めて、書きよ(^ ^)
※この記事では、帰化について法律的な正確さを求めて書こうとはしません。




母の主張
・韓国人と結婚するのは、帰化が絶対条件。
→僕の所感としては、韓国人に嫌悪感がある為だと思う。
帰化する事が子どもが生まれた時に差別が無くなる。




妻の主張
帰化すると家族が悲しむ。
・相続が貰えなくなる。
・韓国の家族に何かあったら、看病が出来ない。
→僕の所感としては、3番目の理由が自分に引きつけて考えると悲しくなる。




また、帰化せずに結婚(国際結婚)をした場合は、僕は僕の家族の戸籍から独立する。そして、妻が僕の戸籍に入籍するわけではない。
→これは、ちょっと寂しんだよね。やっぱり、戸籍が家族のような感じが何故かするから、そうしても妻には入って欲しい。




では、独立後の僕の戸籍には書類上どう書かれているのか。
それは、戸籍に婚姻関係の女性として書かれることになる。
当然、戸籍は日本国民にあるものだから、妻にはない。
→これに関しては、あんまり実感が持てなかった。



また、子どもが生まれた場合は、婚姻関係(出生前認知)であれば、日本国籍と韓国国籍を持つ事ができ、最長22歳までにどちらの国籍を持つか決めればいいとのことと日本では決まっている。
つまり、戸籍で考えると父(ひも男)、子ども(ハーフ)だけ書かれている。
→これも寂しいな。




なんか、戸籍に拘るのは僕の家族が離婚を経験しているからだろうか?




確かにヘイトスピーチの世界観で考えると恐怖しかないが、そんな世の中になるのかな。
僕は、人口が減っていく中で、多国籍な国になっていくと思うんだよなー。




妻は、帰化したくないのは分かった。僕の母は帰化させたいのは分かった。
けど、母の帰化に拘る理由の全貌がまだ見えない。
なんなんだろうなー。




差別なんて、いっぱいあるし、国籍を日本に変えてからって、差別が解消できるようなものでもないよなー。




ま、子どもが出来たら、子ども中心の考えになるんだろうけどさ。