韓国妻と僕ひも男

初めまして!「韓国妻とひも男」のひも男です!(^_^)僕が妻と出会ったのは、今から4、5年前です。その後に6ヶ月付き合いプローポーズしました!そして、2018年ゴールデンウィーク中に両家に挨拶をしてきました!(ひも男も働いていますが、年収ベースで考えるとひもです。)

ひも、実家に行く!!

どうもこんばんは!!

ひも男です。

 

 

さて、

どこまで書いたでしょうか??

韓国1日目の中盤を今日は書きたいと思います。

 

 

 

妻の実家は、高揚市にあり、リムジンバスがすぐ近くまで停まるところにありました(=_=)

高陽市 - Wikipedia

一時間ぐらいバスに乗っていましたが、なんか韓国に来たとは、思えなかったですねー。

むしろ、飛行機に乗って日本に来た感覚でした。

 

 

 

しかし、

文字と道路の幅は韓国な感じはしましたよ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 

 

 

さて、

妻の実家は、高層マンションの13階にありました。

すごかったですねー。

 

 

高い! 広い!!

(建物+部屋) 

 

 

 

そんな第一印象でした。

 

 

 

まず、

玄関で出迎えてくれたのが、二か月ぶりの再開の妻の母と末っ子でした。

「あにょはせよー」

と挨拶で、お邪魔しました。

 

 

 

二回目の再開ですので、とても快く歓迎していただき、僕自身物凄く嬉しかったです。

まー、だって日本と変わらないなーと思っていても、見知らぬ土地に来たのですから、やっぱり、嬉しいものでした。

 

 

 

僕は、妻の部屋に案内されて、そこに荷物を解きました。

妻は、次女の部屋で過ごしているようでした。

(※次女は、仕事の研修中のため、家を空けている)

 

 

 

実は、

妻の父親は、仕事のセミナーに参加していたため、後から合流する感じなので僕は待機していました。

もう、それまでどう過ごしていたか、記憶になく今どう書いたものかと……。

 

 

 

んー、リビングで過ごしていたかな???

そして、テレビを見ていたかな???

 

 

 

 19時ごろでしょうか???

ついに!!

ついに!!

妻のお父さんが来ました!

 

 

 

妻に「あにょはせよー」と言えばいいよー。

と教えてもらい頭の中で何回もリピートした言葉。

 

 

 

「あにょはせよー、ちょぬん、ひも男、いんむにだ」

※ひも男ではなく、ちゃんと本名を言いましたよー\(゜ロ\)(/ロ゜)/

(なぜか、nice to meet you.っていちゃいましたが!!)

 

 

 

胸がドキドキしてきて、もう頭の中はこんがらがっていたのでしょうね……。

 

 

 

 

 

でも!!

笑顔で握手してくれてとてもほっとしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、

今日はここまでで、

次回は、ひも韓国の伝統料理を食べるです。

ぜってー、見てくれよな!( ´∀` )